サブページ
サブページの説明文を入力します。
このページの簡単な紹介文などを書いてください。

HOME牧師紹介週間コラム結婚カウンセリングのお薦めと水野牧師著書紹介教会住所/行き方水野健牧師のブログに行きます。


 失った時に気づくこと

失った時に気づくこと
 ヨブ記をこの夏学んでいます。ヨブは自分の持ち物を1日のうちに失ってしまいました。そして、次ぎに病気という試練を受けました。その苦しみの中で彼は何を得たのでしょうか。私達も苦しみの時に何を得られるのでしょうか。
 神谷美恵子氏は苦しみが来たときに、自分と対面し真にものごとを考えることができると言っています。
「苦しんでいる時、精神的エネルギーの多くは行動によって外部に発散されずに、精神の内部に逆流する傾向がある。そこにさまざまの感情や願望や思考の渦が生まれ、ひとはそれに眼を向けさせられ、そこで自己に対面する。人間が真にものを考えるようになるのも、自己にめざめるのも、苦難と通してはじめて真剣に行われる。これこそ、苦難の最大の意味といえよう。」
 浅野順一牧師は永遠の世界、真実の世界に目が開かれると言っています。
「神は我々に真実なもの、永遠なものを与えんとして空虚なもの、過ぎ去るものを奪うことがあるのではなか。地位、名誉、財産、学識、健康、そのような人間の地上生活に必要なるもの、従って必ず我々につきまとってくるものが無惨に奪い去られることによってかえって永遠の世界、真実の世界に目が開かれるのではないか。」
 カールヒルティは偉大なる思想が生まれると言っています。
「偉大なる思想は、ただ大きな苦しみによって深く耕された心の土壌の中からのみ成長する。」
 大事だと思って大切にしているものが失われた時に、もっと大事なものがあったことに気づかされるのです。そのために神が苦しみを許されるとするなら、苦しみと思ったことは主の憐れみと言うことができるのではないでしょうか。   


 リンク集

 アット・ホームページ
ホームページ開設サービスです。
 @nifty
@niftyのトップページです。
 サクサク作成君
カンタンホームページ作成ツール。


HOME牧師紹介週間コラム結婚カウンセリングのお薦めと水野牧師著書紹介教会住所/行き方水野健牧師のブログに行きます。